読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITペンギンの子育て日記

外資IT企業に勤めるアラサー、二児の母。悶々と迷い事絶えない性格でしたが、娘が産まれてから物事を肯定的に捉えられるように変わった気がします。日々感謝。

ハネムーンアドベンチャー 6日目 Borabora

ハネムーン 旅行
10/9Borabora
今日も午前中から本島に出発。昨日は疲れて殆ど観光できなかったので、お店巡りや普段と違うランチを食べるのが目的。
パールビーチの対岸に着くとそこからバスで直接バイタペ港に向かう。
降りると真珠屋、隣は唯一の電化製品店。スーパーに入ると、結構な品揃え。日本では普通に売られているロレアルの整髪料がここでは高級品らしく鍵がかけられたショーケースに飾られていた。棚にある生野菜は高い。ホテルのレストラン価格にも納得、むしろ良心的なのかもしれない。土産物屋を適当に見て回る。貝や真珠で作った雑貨やアクセサリーは露天の売り物も数千円、数万円するなど高い。
最初に買ったのはホテルのルームキーと似た黒蝶貝のキーホルダーと南国風ピアス、ヒナノのキャップ帽子。日差しが強いので帽子は必須。
その後、真珠店をハシゴして目を肥やす。素材がシンプルだから、デザイン次第で派手にも上品にもなる。色や形も様々。
観賞用としては華美で美しいけど私には似合わない、というものだけは選ばないようにせねば。。
タヒチで裕福そうな女性は必ず黒真珠のアクセサリーを身につけている。これまで真珠と言うとシンプルな連ネックレスのイメージしかなかったけれど他の宝石類と遜色ないくらいデザインが豊富なんだ。なお、真珠の養殖には日本から技術指導をうけて、今のように高品質の黒真珠が作られるようになったそうである。
ランチはパンダの看板の中華料理屋さんで焼きそば、炒飯、豚の角煮風、揚げ海老をやや暴走して注文。中華は裏切らない。洋食に飽きていたので、オイスターソースの味がたまらない。とはいえもちろん食べ切れるわけなく、余った主食二つは詰めて貰ってテイクアウト。地元でも人気なお店らしくて、外にはテイクアウト専用の窓口もあった。

f:id:takohiroko65:20131009112554j:plain

帰りのシャトルバスの時間には間に合わないのでタクシーを呼んでもらうもどれがタクシーか分からずあくせく。そんな様子を見ていたタヒチアン夫婦が送ってやると、車に載せてくれた!
英語はわからないので互いに話せなかったけど、何と無く日本はタヒチアンと同じ種の祖を持っている、だから日本は好きなんだと言っているのはわかってこれまた感激!私もわかる限りのタヒチ語を話すと奥さんはオオウケ。最後はマルルと何回も叫んでお別れ。タヒチで一番のオエオエ体験。港へはジャストタイムで着いて、船でホテルに向かう。ボラボラ最後の夜はイタリアンレストランを予約。

f:id:takohiroko65:20131009190135j:plain

暗くなる前に空港で買った小瓶に砂浜の砂を詰める。ほろ酔いの旦那にモノイーマッサージを施して就寝。