読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITペンギンの子育て日記

外資IT企業に勤めるアラサー、二児の母。悶々と迷い事絶えない性格でしたが、娘が産まれてから物事を肯定的に捉えられるように変わった気がします。日々感謝。

マンションのツリー点灯式に初めて参加しました

マンションでは毎シーズン何かしらのイベントが盛んに行われており、特に今年に入ってからは華やかさ(予算?)が増しています。

f:id:takohiroko65:20141130162958j:plainf:id:takohiroko65:20141130162911j:plain

エントランスでは早速、サンタにトナカイ、スノーマンがお出迎え。

f:id:takohiroko65:20141130163033j:plainf:id:takohiroko65:20141130163102j:plain

そして年内最後のファミリーイベント、クリスマスツリーの点灯式。

事前に受付登録したマンションの子供たちがツリーに好きなオーナメントを2つ選んで飾りつけていきます。

赤ちゃんも登録OKで、娘名義で金のボールと赤いバタフライを飾り付けました。

飾りつけが終わると、照明が落ちて暗闇の中でツリーが点灯。

そしてどこからかサンタさん登場!からのプレゼントタイム!

どうせおじサンタさんでしょうなんて思っていたら、お顔の整ったお鼻の高い外人さんサンタクロース。しかも日本語は苦手なようで、通訳を通して子供とコミュニケーションしてました。
これには子供たちは大喜び。

親たちは「○○さんの旦那さん・・・らしいわよ」「私てっきり○○さんが変装するのかと思ってたわ!」とヒソヒソ(笑)聞こえてませんように。

f:id:takohiroko65:20141201202043j:plainf:id:takohiroko65:20141201202051j:plain

マンション外もXmasモード。ハロウィンでは魔女の装いをしていた梟が、今度は紅白のマントを着こなしていい感じ!

白いサンテの布で覆われた一角はペンギンも置かれて雪山のよう。
ここにもサンタとトナカイがいますね。ペンギンだけそっぽ向いてて仲悪いのかしら(笑)

f:id:takohiroko65:20141130175954j:plain

娘は「クリスマス?何それ。」とオーナメントで一人遊び。
本当は来年の今頃までとっておく予定だった、ラルフローレンのウールカーディガンを初羽織り。
いつものロンパースだけより、ちょっと雰囲気出るよね。

来年の今頃にはサンタさんやクリスマスのこともわかって、一緒に遊べるかな。
そしてサンタさんにプレゼントをおねだりしたり、クリスマスキャロルを歌ったり、一緒に飾り付けをしたり、サンタさんに手紙を書いたり存在を疑い始めたり、プレゼントが貰えない年になって・・・そしていつかはプレゼントをあげる側に。

クリスマスを知らない赤ちゃんのクリスマス。

そんなクリスマスも一生に一度のこと。