読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITペンギンの子育て日記

外資IT企業に勤めるアラサー、二児の母。悶々と迷い事絶えない性格でしたが、娘が産まれてから物事を肯定的に捉えられるように変わった気がします。日々感謝。

第二子出産に向けて、愛娘との別居スタート

妊娠・出産

長女が0歳8ヶ月の四月から保育園に通い始め、職場復帰してからおよそ20ヶ月。

仕事のキリが良い年明け(妊娠36週目)から第二子の産前休に入りました。

まだ産休に入ってから二週間強というのが信じられないくらいに一日一日がゆっくり過ぎていて、

断捨離や部屋の掃除片付け、第二子を迎え入れる巣の準備もトントン進み、

あれだけ待ち焦がれていた産前休暇なのに、もうやること、やりたいことがないくらい。

今日は家族三人で過ごした最後の日。

産科検診の後に、娘の大好きなアンパンマンパンを食べにベーカリーカフェに行って、旧財閥邸宅の庭園を散歩して、自宅でゆっくり一休み。

f:id:takohiroko65:20170121134301j:plain

f:id:takohiroko65:20170121150202j:plain

 

休みに入ってからは、時間に急かされることもなければ、体調不調から夫に当たることも減って家族の時間をとても穏やかに過ごせるようになりました。

娘もどうしたと言いたいくらいに素直になって愛しさが倍倍増。

魔の2歳児どころか魔性の2歳児。

祖父母宅に預ける前最後に、抱きしめても抱きしめても足りないくらい、娘をハグして匂いをかぎました。

 

日頃足蹴にされても癇癪を起こされても大事なものを壊されても。

こんなにも自分の中で娘の占める割合が増えているなんて。

こんなにも娘が可愛くて愛おしくて、離れがたくなるなんて。

生む前は想像できなかったです。

 

まだ産休ライフを楽しみたいけど、子供(1号も2号も)に会いたいから早く産まれてもいいよなんて思う始末。

 

オキシトシン、すでに放出してるのかもなー。