読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITペンギンの子育て日記

外資IT企業に勤めるアラサー、二児の母。悶々と迷い事絶えない性格でしたが、娘が産まれてから物事を肯定的に捉えられるように変わった気がします。日々感謝。

入院生活ふりかえり

褥婦生活も6日目。

ごはんが美味しくて幸せ、お空が綺麗で幸せ、みんなが優しくて幸せ…
病院の先生方や入院中のママさんたち、家族や友人など多くの人に感謝が止まらなくて、
産後の入院生活はこれ以上ないくらい多幸感に包まれて、それは今もまだ続いています。

目を使ったり体を起き上がらせるようなことはまだ控えたいのだけど、
忘れたくなくて振り返り用のメモ走り書きです。

<入院0日目>
昨晩からお腹に不快感があって、ドキドキしながら眠りについたものの気づいたら朝で拍子抜け。でも朝食を食べながら、いつもと違う感じが気になりこっそり陣痛アプリを立ち上げる。
心配する夫を送り出し、TVで中学受験特集を見ながら15分間隔の痛みを感じて加塚医院と陣痛タクシーに電話。
入院セットをまとめ、破水対策に夜用ナプキンをあててタオルを手にもってタクシーで移動。9時半頃に到着。10時にLDR室で内診してそのまま入院、夫に連絡。

そして夫の立ち合いの元、13時49分に次女誕生。

産後の貧血が酷く、2時間以上LDR室で休んでから個室へ移動。
夫への感謝・愛情が止まらなく、多幸感に包まれて眠りにつきました。

<入院1日目>
雪の降る寒い朝、眠りが深かったのか6時前に目が覚めた。
早朝の回診後、食堂で4人のママさんと一緒に朝ごはん。
ロールパンのハムサンドとハッシュドポテト、サラダ…本当に毎日毎食食事が美味しかった。
会陰傷が痛んだけど、ドーナツクッションを使う程じゃなかった。
赤ちゃんとの再会は11時頃。まだ母乳は出ないけど、ミルクはいっぱい飲んでくれたとのこと。良かった
面会時間の14時に夫と両親が個室に来てくれた。

f:id:takohiroko65:20170209140826j:plainf:id:takohiroko65:20170211133036j:plain

↑産休中、何十回と夫におねだりしていた東京で一番おいしいショートケーキ🍰


ずっとずっと食べたかった憧れのケーキで、まさかホールで買って来てくれるなんて大感激(*´꒳`*)
乳腺が詰まりやすいからケーキ類の差し入れは厳禁なんだけど、まだ母乳育児が始まってないから大丈夫◎

そして昨日夫が選んでくれた柴丸君を赤ちゃんにプレゼント。ナースステーションでも人気者になってました。

<入院2日目>
22時以降は母子別室のはずが昨晩は何でか寝付けず、日付が変わるまで起きていた。
午前の母乳指導でおっぱいがちょっとだけ出た!
娘の吸い方が下手なのか、私の乳首が弱っているのか吸われると痛いくらいに力強い…。

前日出産したママさんふたりがランチタイムから加わって話に花が咲く。
毎日誰かが生まれてる、毎日が誰かの誕生日って素敵。
自分にとって出産って、人生に1度か2度あるようなものだけど、
助産師さんや産婦人科の先生方は毎日お産に立ち会っているなんてまるで聖職者…!尊敬が止まらない。

この日からは食事とシャワー以外は22時まで娘と一緒に過ごす。
同じベッドで密着すると安心するみたいで、そんなに愚図らずよく寝てる。

義実家に預けている長女にLINE電話すると、1時間近くハイテンションな歌&ダンスを披露。

途中で愚図った赤ちゃんをあやしつつの電話でちょいと疲れた。

おばあちゃん、こんな元気娘の相手はさぞや大変だわね…(´;ω;`)

おばあちゃんの誕生日プレゼントをポチって就寝。

<入院3日目>
昨日まで減り続けていた娘の体重がやっとV字回復に。
そしてケーキが効いたのか、おっぱいが硬く張って痛くなって来た
何とか吸ってもらおうとミルクを減らして娘に母乳中心で授乳したら、助産師さんに注意されてしまった。計ってみるとまだ娘は母乳だと12ml程度しか飲めていなくて空腹状態…見切り発車してごめんなさい。

そして、2年前のお産でもお世話になった看護師さんからアロママッサージ。
良い香りに包まれてとろけるような時間…幸せ。。
調子にのって子宮について考えてることを話したら、芸術的ですねと笑われる。
こんな話をちゃんと聞いてもらえることも嬉しい。

午後には長女と両家のジジババ、夫が面会に来てくれた。上の子は緊張した体で最初は口数が少なかったものの、少しずつ素に戻っていっぱい甘えてくれた。
愛おしすぎて仕方がない、また多幸感MAX。
別れ際は辛かった…。。。

<入院4日目>

とうとう退院。仲良くなったママさん達と別れるのが少し寂しい。
連絡先を交換しようかとも思ったけれど、これから育児で忙しくなるし生活圏は離れているのでご挨拶まででお別れ。
同じ産院で同時期出産というだけでの出会いだからこそ、その偶然が尊い。

娘の体重は結局出生時の重さまで戻らなかったけれど、
食欲旺盛でよく寝る子なので、あっという間に大きくなってくれそう。

冬生まれ&早生まれが不安だったけど、比較的大きく生まれてくれたので心配ないね。

予定日を超えてまでお腹の中で待っててくれてありがとう。
予定日を超えてまで赤ちゃんを守ってくれてありがとう。

f:id:takohiroko65:20170212121913j:plain

↑久しぶりの自宅でくつろいでの特上寿司。
消化器官に負担に負担がないように動物性蛋白質の取りすぎは良くないらしいけど、今日だけは特別といっぱい食べちゃいました。

 

入院中のことを思い出そうとすると、まるで夢を見ていたような、夢から覚めたような、
酔いから醒めたような、2年前に戻ったような、そんな不思議な感覚。